• instagram
  • facebook
  • twitter
  • tumblr

Jewelry style shop
for modern gentlemen.

530PARK

Toko × San Francisco Life #8

Effortless style

 

エフォートレス スタイル

  • Jul.21.2017
  • Category: JOURNAL

Writer: Toko

  • Share:
  • facebook
  • twitter

Hi everyone! Summer is here and now is the perfect time to feel the California weather!

This time, I’ll introduce my friend Kristina, a fashion designer who makes comfortable California weather clothing. Kristina used to work at Gap Inc. as a fashion designer. Her designs for her brand Lacson Ravello are tuned especially for the lifestyle of people who want something both unique and stylish that speaks to the local culture.
Here is Kristina’s thinking as a fashion designer!

皆さん こんにちは!
夏が来てカリフォリニアは気持ちの良い季節になりました。今回はカリフォルニアの気候にも合った素敵な洋服を作る友達のファッションデザイナー、クリスティーナをご紹介します。クリスティーナはGapでファションデザイナーとして働いていました。彼女のブランドLacson Ravelloはユニークでスタイリッシュなものを求める地元の人たちに支持されています。 
それではクリスティーナのインタビューです。

• Born and Raised? (出身はどこ?)

I was born and raised in St. Louis, Missouri, USA 

アメリカのミズーリ州のセントルイスよ。

• Current city?(今は?)
Oakland, California 

カリフォルニア州オークランド。

• What do you do?(職業は?)
I’ve been a fashion designer for over 20 years. 

20年以上ずっとファッションデザイナーをしているわ。

• What is your brand name?(あなたのブランドの名前は?)
Lacson Ravello

• How did you get into the world of fashion design?(どのようなきっかけでファッションデザインの世界に?) 
I was always skilled in the visual arts as a child and loved sewing my own clothes so it was natural for me to pursue a career in fashion. I relocated to Los Angeles and attended Otis College of Art and Design. There I was exposed to leaders and icons in the industry and earned my bachelor’s degree in fashion design. 

子供の頃からビジュアルアーツの才能を持ち合わせていて自分の服を作るのも好きだったから、ファッションでキャリアを追い求めることは自然だったわ。 LAに移り住んでOtis College of Art and Designに通い、そこでは業界のリーダーやアイコンに触れ、ファッションデザインで学士号を取得したの。

• How did you start your career in fashion designing? (どのようにファッションデザインのキャリアをスタートさせたの?)
My first job was as a design intern at Contempo Casuals, the former junior’s fashion retail chain. I eventually went on to work for several retail giants such as Bebe, Target Corp, and Gap Inc. 

最初の仕事は、ティーン向けファッションの先駆けだったContempo Casualsでのインターンだった。
最終的にはBebe, Target, Gapなどの多数の店舗展開をしている大企業でも働いたわ。

• What does clothing mean to you as a fashion designer?(ファッションデザイナーにとっての洋服の定義とは?)

 I think clothing is everything. It’s the first statement you make without having to say a word. It’s an expression of who you are—your character, likes, values, etc.
“服は全て”だと思うわ。 
それは言うまでもなく最初のステートメントになるから。その人のキャラクターや好み、価値などね。

• Your biggest inspiration in term of your design? (デザインをする上で最も大きなインスピレーション源は?)
Living in the SF Bay Area which is diverse in so many ways—the people, the culture, the terrain, the climate—inspires me a lot. I was also fortunate to travel the world when I was working for other companies. That experience and those memories have always stuck with me. I also love finding cool fabrics. It’s like a treasure hunt. 

サンフランシスコのベイエリアに住んでいることで、そこの人だったり文化だったり、土地や気候が私に刺激を与えてくれるの。 前の会社で働いていた時に世界を旅できたのもラッキーだったわ。その経験と記憶が今も残っているの。それと素敵な生地を探すのが大好き。宝探しみたいにね。

• How do the designs reflect that inspiration?(どのようにインスピレーションをデザインに反映させてるの?)
When I find a fabric that I love, I try to create something that is unexpected—whether it’s the silhouette, construction, or mixing with other fabrics. I style these unique textiles into something that is wearable and practical while keeping the Bay Area woman and her lifestyle in mind, for example: a knit dress with directional stripes, a sweatshirt with “tweed” stripes, or a raw silk handloom top pieced with knit. She wants something stylish and relevant to the trends but not too fast-fashion. The pieces must be versatile and practical as well—can be dressed up or down. I call it effortless style. 

お気に入りの生地をみつけたらその生地でいろいろ試してみる、全体の形から作図または他の生地とミックスしてみたり。それらのユニークなテキスタイルをもとに、ベイエリアに住む女性たちのライフスタイルに合うような着心地がよくて実用的なスタイルを考えるの。
例えば、切り替えのストライプのニットドレス、ツイードストライプのスウェットシャツ、または生絹の手編みのニットなど、着やすく且つ実用的なものに仕上げる。彼女たちはスタイリッシュでトレンド感のあるものを望むけど、それはいわゆるファストファッションではなく、幅広く使えて、かつ実用的で、ドレスアップやダウンができなければいけない。
私はそれをエフォートレススタイル(肩の力を抜き、程よく崩された大人のカジュアルスタイル)と呼んでる。

• Favorite piece in your own wardrobe? (ワードローブの中で好きなものは?)

It changes from time to time but currently it’s the Sayulita Poncho from my first collection. It has a textured navy pattern that I just love and is the perfect layering piece for Bay Area weather.
その時々で変わるけど最近は私の最初コレクションでもあるSayulita ポンチョね。 ネイビーの織り柄が気に入っていて、ベイエリアの気候で着るにはちょうどいいの。(*写真で本人着用)

• What kind of music do you listen to? (どんな音楽を聴くの?)
Chill downtempo, 1980s & 70s pop 

80年代、70年代のポップとChill downtempo

• Current obsession?(最近のはまっているものは?)
Yoga. A daily yoga practice helps to clear my mind, ease stress, keeps me energized. 

ヨガ。毎日のヨガは心をクリアにし、ストレスを緩和し、私を元気にしてくれるの。

• Do you travel often? What are some of your favorite destinations? (旅行にはよく行く?あなたの好きな場所は?)
I used to travel frequently when I was designing for other companies. Some of my favorite destinations include Paris (of course, for the fashion), London, Florence, Bangkok, Hong Kong and Tokyo.
前の会社で働いてた時に旅行には頻繁に行っていたわ。好きな場所はパリ(もちろんファッションの場所)、ロンドン、イタリアのフィレンツェ、バンコク、香港、そして東京。

• Who are some of your role models?(あなたのお手本になる人は?)
My grandmother who was the family matriarch and owned a dressmaking shop in the Philippines and where the “Ravello” name comes from. I never met got to meet her (she died when I was very young) but I always loved hearing stories about her and her dressmaking business. I have two cousins who are also designers in the fashion design industry. Fashion is on our blood!
私の祖母はフィリピンでドレス洋裁店を営んでいて一家の大黒柱だった、私の姓名のRavelloは祖母からきているのよ。 
私が小さい時にすで彼女は亡くなったので一度も会えなかったけれど、彼女のドレス洋裁店でのビジネス話を聞くのがいつも大好きだった。私には2人のいとこがいて彼女たちもファッション業界にいる。どうやらファッションは私たちの血筋のようね!

• What do you do when you really want to treat yourself? (自分にご褒美をあげられるとしたら何をしたい?)
I go out for a nice dinner with my husband, family, and/or friends.
夫や家族、もしくは友達と素敵なレストランにディナーに行くわ。

• What are you excited about? (何か楽しみなことはある?)
I’m always excited and inspired about designing the next season.
次のシーズンのデザインを想像することがいつも楽しみね。

• Any recommendations for spots to visit in Bay Area? (ベイエリアでオススメな場所はある?)
I live in the Oakland so most of my recommendations are in the East Bay:
私が住んでいるのはオークランドなのでオススメはほとんどイーストベイになるのだけど、

o Best Brunch spot(ベストブランチスポット): Underwood Cafe

o Best croissant in the Bay Area(ベイエリアのベストクロワッサン): Firebrand Artisan Breads


o Best coffee en route to the city (conveniently located near I- 80/Grand Ave on-ramp and West Oakland Bart) サンフランシスコへ行く際に(立ち寄れる)ベストなコーヒースポット(好都合なのは高速のI-80/Grand Aveのランプ とWest Oakland Bart駅にある): Kilovolt Coffee
o Friday night spot to chill after a long week(長い平日が終わり、金曜夜に落ち着ける良い場所): Jupiter Taproom (outdoor beer) garden, artisan pizza, live music!)
庭でビールが飲めて、ピザとライブ音楽!
o Place to buy cool kicks(Grand Fare Marketを右に渡ったところにあるかっこいい靴が買える場所): Solespace (right across from Grand Fare Market), old school Adidas and a Lacson Ravello dress are my go-to outfit
 
オールドスクールのAdidasと私のブランドのドレスは定番スタイルよ。
o Place for a quick breather(気軽に息抜きできる場所): a walk around Emeryville Marina (has gorgeous views of the bay, SF, Marin), Redwood Regional Park is also another favorite  Emeryville Marina周辺を歩くとゴージャスな景色のベイ、サンフランシスコ、マリン(群の名前)があり 、Redwood Regional Parkも好きな場所。

• What would your super power be?(もし特別なパワーを持っていたとしたら?)
Firing spider webs from my wrist like Spider-Man to capture bad presidents
スパイダーマンのように手首から蜘蛛の巣を出して悪い大統領を捕えるわ 
(*トランプのこと。私も大いに賛成)

• What is top of your bucket list?(死ぬ前にやっておきたいことは?)
Work/life balance, family time, travel
仕事と生活のバランス、家族の時間、旅行

• What or who is the greatest love of your life? (あなたの人生の中で最大限に愛する人は?)
My husband John  
主人のジョン

Thanks Kristina!!!

About Toko

Toko is a fine jewelry designer based in San Francisco. She was born and raised in Fukui prefecture, and she has also lived and worked in Tokyo for over ten years. She likes both urban life and rural life. She enjoys and improves her five senses in beautiful California, and finds many inspirations for her jewelry designs as well.

サンフランシスコ在住のFine jewelry designer。福井で生まれ育つ。東京で就職し10年以上生活。田舎と都会の両方が好きで五感をカリフォルニアで磨きながらジュエリーデザインの刺激を常に探している。