• instagram
  • facebook
  • twitter
  • tumblr

Jewelry style shop
for modern gentlemen.

530PARK

Toko × San Francisco Life #6

Designer’s intuition

 

デザイナーの直感

  • Dec.14.2016
  • Category: JOURNAL

Writer: Toko

  • Share:
  • facebook
  • twitter

Hi, how have you been?
I’ve been away from this journal little while because I was in Tokyo for three months. Now I’m happy to be back to this journal finally!
As you may know, I am a fine jewelry designer. I love design. I think about design all day long, 24/7 even while I am sleeping. I think of this as my hobby. Also, I respect other designers because I know their struggles and frustrations on design. I’m the same way. So, that’s why I believe we can connect somehow.

皆さんお久しぶりです。3ヶ月間、お仕事で東京にいた為に、このジャーナルをお休みしていましたがようやく戻ってきました。
ご存知の方もいるかもしれませんが、私はジュエリーデザイナーです。デザインを考えることが好きで寝ている時でも趣味のようにずっと考えます。そして他のデザイナーの事を尊敬しています。私がそうであるように彼らの苦戦や挫折などが分かるからです。だからこそデザイナー同士は何か見えないもので繋がっていると信じています。

I met Inbal Ithachi year ago at an event. She is an accessories designer living in San Francisco with her family. We made a strong connection when we first met because of our “designer’s” intuition. When I was thinking of next my journal, I realized that I like other designers like Inbal, and I wanted to interview her about her life, design and thinking. I’m so glad that I can share with you her amazing background and more.
Here’s her interview.

私がインバルと出会ったのは1年前のイベントでした。彼女はサンフランシスコ拠点のアクセサリーデザイナーです。私達が初めて出会った時、“デザイナーの直感”でお互いの強い繋がりを感じました。次のジャーナルを考えていた時にふと、私は他のデザイナーのことがインバルのように好きで彼女の生活スタイル、デザイン、考えをインタビューし、シェアしたいと思いました。インバルの素敵な経歴をみなさんに紹介できることを嬉しく思います。
こちらがインバルのインタビューです。

• Born and Raised?
Israel

• Current city?
San Francisco

• What do you do? (ご職業は?)
I'm a designer, for now I make handbags.
デザイナーで今はハンドバッグを作っています。

• What is your brand name?
Inbal Ithachi

• Also, how do you create your brand concept? (ブランドコンセプトはなんですか?)
As I walk to my studio every morning, I observe women trying to hold their handbag, the laptop case, a paper bag, occasionally, a tote bag, their cellphone and a cup of coffee. In the afternoon, when I pickup my children from kindergarten, I see the same kind of woman, holding a heavy unfashionable laptop bag, looking like they would gladly get rid of it at the first possible chance. After continuous research which included conversations with numerous women who spend most of their day away from home, I came up with “homework”, a product line focusing on bags for women, catering to their different needs and enabling and simplifying their day to day life. Each bag has a unique story and was designed for a specific woman with specific daily routine and needs. The bags are handmade and printed in traditional silkscreen printing techniques, while using the highest quality material without use of leather. The products integrate high functionality, quality and clean & graphic aesthetics, aiming to encourage people to see, experience and enjoy little moments of joy and comfort in our modern, demanding and overwhelmingly saturated with information age we live in.
毎朝、スタジオに歩いて行く時に女性がハンドバッグとPCケース、紙袋、トートバッグ、そしてコーヒーを抱えていることに気付きました。午後になり、子供を迎えに幼稚園に行くと同じようなお洒落ではない重いPCバッグを持った苦しそうな状態の女性を見ました。外で働く多くの女性との会話と調査から、個々のさまざまなニーズに対応し、日々の生活を簡素化することが可能な、女性に焦点を当てた商品ラインを思いつきました。それぞれのバッグにはユニークなストーリーがあり、特定の女性のために日常的なニーズに合わせてデザインされています。バッグは手作りで伝統的なシルクスクリーン印刷技術を駆使し、最高品質の素材を使用しています。商品には、高機能、高品質、クリーン&グラフィックの美学を統合し、私達が住んでいる情報化社会の中に於いても喜びと快適さの瞬間を経験し、楽しむことを目指しています。

• How did you get into the world of design? (どのようなきっかけでデザインの世界に?)
Since I was a child I used to collect things, to draw and to create. I studied Art in high school and when I visited a design college one day, I knew that this was the place for me.
小さい頃によく物を集めたり、描いたり、作ったりしていました。高校の時にアートを勉強し、デザインカレッジを訪れた時にここが私の居場所だと。

• How did you start your career in designing bags? (どのようにキャリアを始めましたか?)
I studied jewelry design at Shenkar College of Engineering and Design. When I am designing a bag I look at it as if it was a jewelry. Everything starts and ends with the little details that assemble the bag together. I did my Master in Design at Milan, Italy, and I designed real projects for several Richemont group leading luxury brands including Montblanc, Cartier and Chloe among others. After that I worked at LANCEL, a french company for leather goods. After that I decided to focus on accessories.
ジュエリーのデザインを大学で勉強しました。バッグ作成は最初から最後まで細かいディテールを組み立てて完成されるので、バッグをデザインした時にそれがジュエリーのように見えました。イタリアのミラノで修士号を取り、モンブラン、カルティエ、クロエなどを携えているリシュモングループで本格的にデザインを始めました。そのあとにフランスの革ブランド、ランセルで働き、バッグを含めたアクセサリーにフォーカスを置きました。

• What does design mean to you as a designer?(デザイナーにとってのデザイン定義とは?)
Design for me is a way to see things, a way to understand the world differently, and it can take many faces, it’s a state of mind.
私にとってデザインとは物を見ることであり、世の中の違いを理解すること、そしてそれらの多くからデザインの表情を読み取ることができる状態のこと。

• Your biggest inspiration in term of your design? (デザインする上で最も大きなインスピレーション源は?)
Usually my inspiration comes from Men's fashion, the aesthetic of paper goods and from the world of Architecture.
通常はメンズファッションからで紙製品の美学や世界の建築からも。

• How do the designs reflect that inspiration? (どのようにインスピレーションをデザインに反映させていますか?)
The common base of all my inspirations are the minimal and clean aesthetics, which are reflected in all my objects.
共通のインスピレーションベースはミニマルでクリーンな美学でそれらは全ての物に反映されています。

• Favorite piece in your own wardrobe? (ワードローブの中で好きなものは?)
Handmade shoes with little cakes on it, that I bought from an artist at Milan.
ミラノのアーティストから買った小さなケーキがついているハンドメイドのシューズ。

• What kind of music do you listen to? (どんな音楽を聴きますか?)
I like Jazz music, ethnic and also classical music.
ジャズ、エスニック、クラシック

• Current obsession? (最近のはまっているものは?)
To photograph moments from my life in San Francisco
サンフランシスコ生活の瞬間を撮影すること

• Do you travel often? What are some of your favorite destinations? (旅行にはよく行きますか?あなたの好きな場所は?)
One of my favorite things is to travel, to get to know new places and different cultures. Paris is one of my favorite and my real dream is to visit Japan one day.
私の一番好きなことは旅行で新しい場所を知り、違う文化を知ること。パリは一番好きな場所でいつか日本にも行ってみたいです。

• Who are some of your role models? (あなたのお手本になる人は?)
Coco Chanel

• What do you do when you really want to treat yourself?(自分にご褒美をあげられるとしたら何をしたい?)
I'll go to see some art or design exhibition, drink coffee and eat pastries.
幾つかのアートを見るかデザインエキシビジョンに行き、コーヒーを飲み、ペーストリーを食べます。

• What are you excited about? (何か楽しみなことはある?)
Creation of Food, Art, Dance, Books and Music
フード、アート、ダンス、本、音楽を創造すること

• What would your superpower be? (もし特別なパワーを持っていたとしたら?)
To be able to transport myself to other places instantly.
他の場所へ瞬間移動

• What is top of your bucket list? (死ぬ前にやっておきたいことは?)
To learn and create new things and to enjoy the simple moments of life
新しいことを学び、創り、そして生活の中のシンプルな瞬間を楽しむこと

• What or who is the greatest love of your life? (あなたの人生の中での最大限に愛する人は?)
My husband and my two little kids
主人と二人の小さな子供たち




Thanks Inbal!

About Toko

Toko is a fine jewelry designer based in San Francisco. She was born and raised in Fukui prefecture, and she has also lived and worked in Tokyo for over ten years. She likes both urban life and rural life. She enjoys and improves her five senses in beautiful California, and finds many inspirations for her jewelry designs as well.

サンフランシスコ在住のFine jewelry designer。福井で生まれ育つ。東京で就職し10年以上生活。田舎と都会の両方が好きで五感をカリフォルニアで磨きながらジュエリーデザインの刺激を常に探している。