• instagram
  • facebook
  • twitter
  • tumblr

Jewelry style shop
for modern gentlemen.

530PARK

WWD JAPAN MAGAZINE
2015.4.6 ISSUE

The director Ryunosuke Aoyagi explaning what the fascination of FIVE THIRTY PARK is.

-Interviewed by Chieko Kimoto from WWD JAPAN-

 

ディレクター・青柳龍之亮が語る「FIVE THIRTY PARK」の魅力とは。

-WWD JAPAN 別冊インタビュー-

  • Apr.6.2015
  • Category: JOURNAL

Writer: Chieko Kimoto

  • Share:
  • facebook
  • twitter

Director Aoyagi joined AHKAH as the creative director in 2011, and started AHKAH HOMME in 2013.
From February this year, whilst he renamed AHKAH HOMME to FIVE THIRTY PARK, he assumed the art design director of AHKAH who leads campaign photo shooting and its shop concept.
At the same time, he will concentrate on FIVE THIRTY PARK's creation as the director.
“We won't change the concept, but we have decided to rename since we would like our brand to be for unisex.

Actually, the female customer purhases our men's jewelry more than the male customer.”
And he says, “If one item is made of silver and gold, it feels really easy to coordinate even if I wear different jewelries. Only turning a ring, its look can be silver or gold so that it's so easy to use.”

青柳ディレクターは、2011年に「アーカー」のクリエイティブ・ディレクターとして参画し、13年に「アーカー オム」をスタート。今年2月からは、「アーカー」においては、ビジュアル撮影や店舗コンセプトを担うアートデザイン・ディレクターに就任し、一方で「アーカー オム」のブランド名を「FIVE THIRTY PARK(ファイブサーティーパーク)」に改称。同ブランドのディレクターとして、よりクリエイションに力を注いでいく。

「コンセプトは変えないが、ユニセックスなブランドでありたいと思い、ブランド名を変えることにした。実際に店舗でも女性が購入する率が高い」という。また「一つのアイテムにシルバーとゴールドがあしらわれていると、自分が他にどんなジュエリーをつけていてもコーディネートしやすい。リングは回すだけでゴールドの面になったりシルバーの面になったりして、使いやすい」と話す。

On 9th April, 530PARK will be open as a shop next to AHKAH Flagship Store Jinnan.
Aoyagi concludes, “530PARK will be a shop dealt with not only our original jewelry, but a clothing, sunglasses, and general goods by my own choice. I selected what I want without any special concepts. sandal, from this shop as our base, we would like to grow up as a global brand.”

4月9日には「アーカー 神南本店」に隣接するショップとして「530PARK」がオープンする。「ジュエリーの他に自身で選んだ服、サングラス、サンダル、小物なども扱うショップになる。コンセプトは特に決めずに自分が欲しいと思うものをそろえた。ここを拠点としながら、グローバルなブランドとして成長していきたい」。